サッカー

サッカー

サッカー

サッカーのライブスコアについては、すぐにでもチェックできるおすすめのサイトをご紹介します このサイトがいいと思ったらブックマークしてください

サッカー

ベースボール

サッカー

野球のライブスコアは、今すぐチェックできるおすすめをご紹介します。 このサイトが気に入ったら、ブックマークしてください。

最新ニュース

大谷翔平、WBC出場は「ゆっくり考えたい」 気持ち前向きも…疲労回復が鍵か
大谷翔平、WBC出場は「ゆっくり考えたい」 気持ち前向きも…疲労回復が鍵か
羽田空港着の航空機で帰国したエンゼルス・大谷翔平【写真:荒川祐史】 羽田空港に帰国「前向きにはもちろん考えています」エンゼルスの大谷翔平投手が18日、羽田空港着の航空機で帰国した。帰国会見に臨み、来年3月に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)について「そういう戦いに出たいという気持ちはある」と、改めて初出場に前向きな姿勢を示した。 大谷はWBC出場について問われると「まだ決断はしていない。日本に帰ってきて、またゆっくり考えたいと思います」と熟考中という姿勢だ。即断できないのは、シーズン前の3月に行われるのが理由か。2年連続でフル回転した疲労が、どこまで抜けるかが鍵とみられる。 「時期が時期。まずはいい状態をシーズンで長く続けられてこそ。それがあってなので、これから考えたい」と、メジャーのシーズンを良いコンディションで戦うことを最優先にしている。「いい状態もあって、タイミングが整っていないと時期的に難しい」と調整の難しさも口にする。 すでに侍ジャパンを率いる栗山英樹監督とは米国で会っている。二刀流の道を共に切り開いてきた恩師には「いっしょにやりたいということは言ってもらえ ...
ブレーブス巻き返しの切り札は大谷翔平? 米メディアが獲得候補に「これは面白い」
ブレーブス巻き返しの切り札は大谷翔平? 米メディアが獲得候補に「これは面白い」
エンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】 複数の主力と長期契約中で“お財布”にも余裕?今季ナ・リーグ東地区で優勝しながら、地区シリーズでフィリーズに敗れたブレーブスの補強候補に、エンゼルスの大谷翔平投手の名前が挙がっている。米メディア「CBSスポーツ」が予測したもので、チームの現状を見た時に大谷の獲得を「とてつもなく貴重だ」と提言している。 マイク・アクシサ記者が「ブレーブスの次なる補強は?」と題した記事で触れている。これによると、アレックス・アンソポロスGMは「ブロックバスター」と呼ばれるような超大型トレードについても「委縮したことはない」という。 またブレーブスは現在、ロナルド・アクーニャJr.、オジー・アルビーズ、マイケル・ハリス2世、マット・オルソン、オースティン・ライリー、スペンサー・ストライダーという主力6選手と長期契約を結んでいる。記事は「主力をお手頃価格で保有していることから、ブレーブスはチャンスを狙える位置にいる」と大型トレードでの強化に乗り出すと予測している。 そこで問題となるのが、誰を獲得に動くかだ。記事は大谷を獲得候補に挙げ「これは面白い。そう思わないか?」として ...
大谷翔平が帰国 5年目は15勝&34HRとフル回転「去年に引き続きいいシーズンに」
大谷翔平が帰国 5年目は15勝&34HRとフル回転「去年に引き続きいいシーズンに」
羽田空港着の航空機で帰国したエンゼルス・大谷翔平【写真:荒川祐史】 羽田空港着の航空機で帰国「おいしいものを食べたい」エンゼルスの大谷翔平投手は18日、羽田空港着の航空機で帰国した。メジャー5年目の今季は15勝&34本塁打をマーク。メジャーでは自身初の規定投球回に到達し、ワールドシリーズが始まった1903年以降では史上初の「ダブル規定」を達成した。満票MVPに輝いた昨季に続き、投打でフル回転した1年を振り返った。 羽田空港には25社、52人の報道陣が集まり、大谷は青いスーツに白いスニーカーを合わせるというラフな姿で登場。久しぶりの日本でしたいことを問われると「おいしいものを食べたい」と笑わせた。さらに「去年に引き続きいいシーズンになった。来年に向けて目標を持っていきたい」と、すでに視線は先を向いていた。 規定打席と規定投球回、いわゆる「ダブル規定」への到達を「安定して試合に出続けられたのがよかったかなと思います」と振り返り、ジャッジとのMVP争いが注目されていることにも「(候補に)挙げてもらえるだけ幸せですし。それだけいいシーズンを送れたということかなと思います」とした。 2年連続受賞 ...
大谷翔平が藤浪晋太郎にエール 米移籍目指す同級生と「同じグラウンドでできれば」
大谷翔平が藤浪晋太郎にエール 米移籍目指す同級生と「同じグラウンドでできれば」
羽田空港着の航空機で帰国したエンゼルス・大谷翔平【写真:荒川祐史】 羽田空港に帰国、藤浪のチャレンジについて問われると…エンゼルスの大谷翔平投手が18日、羽田空港着の航空機で米国から帰国した。今オフ、ポスティングシステムを利用して大リーグ移籍を目指す阪神の藤浪晋太郎投手に「同じグラウンドでできればうれしい」とエールを送った。 大谷は藤浪と高校3年次の日本代表でともにプレーするなど親交が深い。藤浪のメジャー挑戦について問われると「契約はこれからだと思うので、いい契約が結べるよう応援しています。同級生なので、同じグラウンドで出来ればうれしいかなと思います」と語った。 1994年生まれの“大谷世代”からは、すでに広島からカブスに移籍した鈴木誠也外野手もメジャーでプレーしている。3人目の誕生と、グラウンドでの勝負を心待ちにしている様子だった。 (小谷真弥 / Masaya Kotani)
千賀を「Rソックスが狙う可能性がある」 米専門誌は「ゴーストフォーク」にも注目
千賀を「Rソックスが狙う可能性がある」 米専門誌は「ゴーストフォーク」にも注目
海外FA権の行使を明言しているソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】 速球と“お化けフォーク”は「致命的なコンビネーション」海外FA権の行使を明言しているソフトバンクの千賀滉大投手に対し、早くも海の向こうから熱い視線が注がれている。米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」は、レッドソックスが先発ローテ強化のために「狙う可能性がある」と注目。能力の高さを特筆している。 レッドソックスは今季ア・リーグ東地区で最下位に低迷。先発陣の防御率4.49で、30球団中22位と精彩を欠いた。同誌も「投手を切実に必要としている」と強調。さらに、FAとなるネイサン・イオバルディ、マイケル・ワカ、リッチ・ヒルがいずれも流出する危機にも触れた。 その上で「助けを必要としているローテーションの補強のために、メジャーリーグ以外からも、投手を探すべきなのかもしれない」と指摘し、千賀について紹介。強烈な落差を誇る「ゴーストフォーク」にも触れ、ストレートと合わせて「致命的なコンビネーション」と取り上げた。 具体的な市場の相場に触れることはなかったものの「比較的、お買い得であればセンガは素晴らしい選択肢になる」 ...
阪神と日本ハムがトレード、計6選手が戦力外…陽岱鋼は豪州リーグへ 18日の去就
阪神と日本ハムがトレード、計6選手が戦力外…陽岱鋼は豪州リーグへ 18日の去就
日本ハムと阪神の間で2対2の交換トレードが成立【写真:荒川祐史】 豪州ウインターリーグのブリスベンは陽岱鋼の加入を発表日本ハムと阪神は18日、2対2の交換トレード成立を発表した。日本ハムから渡邉諒内野手と高濱祐仁内野手が阪神へ、阪神の齋藤友貴哉投手と、江越大賀外野手が日本ハムに移籍することとなった。今オフのトレード成立第1号となる。 ヤクルトは近藤弘樹投手と山野太一投手に戦力外と通告した。2018年にドラフト1位で楽天に入団した近藤は、2020年オフにも楽天から戦力外となっており、自身2度目となった。 中日は岩嵜翔、垣越建伸、加藤翼の3投手に来季は支配下選手として契約を結ばないと通告。3選手ともに来季は育成選手として再契約するという。岩崎は昨オフに、FAでソフトバンク入りした又吉克樹投手の補償選手として中日入りした。 またオリックスは西村凌外野手を戦力外とした。2017年のドラフト5位でオリックスに入団。通算108試合に出場し打率.192、5本塁打、23打点だった。 豪州ウインターリーグのブリスベン・バンディッツは日本ハムと巨人でプレーした陽岱鋼外野手の加入を発表。陽は昨オフに巨人を退 ...
侍U-23が南アフリカに完封勝ち 13安打9得点の猛攻、スーパーラウンドへ弾み
侍U-23が南アフリカに完封勝ち 13安打9得点の猛攻、スーパーラウンドへ弾み
野球日本代表「侍ジャパン」U-23代表【写真:Getty Image】 グループAを4勝1敗で終えスーパーラウンドへ進出野球日本代表「侍ジャパン」U-23は18日、台湾・台中で行われた「第4回 WBSCU-23ワールドカップ」で南アフリカとのオープニングラウンド第5戦を戦い、9-0で完勝した。日本は既にスーパーラウンドへの進出が決まっている。 日本は両軍無得点で迎えた3回、2死一、二塁から南木寿也捕手(JR北海道クラブ)、平野友都外野手(西部ガス)、樫村昌樹内野手(日本製鉄鹿島)の長短3連打で4得点。さらに四球のあと中川拓紀内野手(Honda鈴鹿)も左前適時打。この回打者10人を送って5得点を挙げた。 4回には敵失と南木の左前適時打で2点を追加。5回、6回にも1点ずつを奪い着々と点差を広げた。終わってみれば、13安打で9得点という効率のよさだった。投げては先発した工藤稜太投手(信越野球ク)以下、5投手のリレーで南アフリカを5安打無得点に封じた。 日本はグループAのオープニングラウンドを4勝1敗で通過。A、Bの両グループから3か国ずつが参加するスーパーラウンドは20日から始まり、決勝は2 ...
西武の松井稼頭央新監督が就任会見 常勝へのキーマン問われ「一番は僕なんかな」
西武の松井稼頭央新監督が就任会見 常勝へのキーマン問われ「一番は僕なんかな」
就任会見を行った西武・松井稼頭央新監督【写真:荒川祐史】 濃紺ネクタイで登場「岡田監督が黄色だったので…」西武の松井稼頭央新監督の就任会見が18日、都内のホテルで行われた。現役引退後、西武で3年間2軍監督を務め、今季は1軍ヘッドコーチに就任。辻発彦監督を支え、チームを昨季最下位から一時首位に立つまでに押し上げた(最終的には3位)。 「緊張しています。なかなか前に立つことがないので」と第一声を発した松井監督は「まさか、監督と言うお話を頂けるとは正直思っていませんでした。責任は大きいですが、自分らしくやっていきたい。プレッシャーはもちろんあります。自分らしく思い切ってやりたいと思います」と続けた。 来季のテーマを問われると「辻・前監督が作り上げた伝統のライオンズを継承しつつ、もう一度常勝、育成、二つを追うのは難しいところですが、レギュラーには背中でチームを引っ張ってほしい」と話した。さらにキーマンについて「一番のキーマンは僕なんかなと思いますね。選手全員がキーマンですし、この選手を使いたいと思わせる選手が1人でも出てくれば」と自身の名前をまず挙げた。 胸元には、チームカラーの濃紺に白い模様 ...