西武の松井稼頭央新監督が就任会見 常勝へのキーマン問われ「一番は僕なんかな」

2022-10-18

西武の松井稼頭央新監督が就任会見 常勝へのキーマン問われ「一番は僕なんかな」
就任会見を行った西武・松井稼頭央新監督【写真:荒川祐史】

濃紺ネクタイで登場「岡田監督が黄色だったので…」

西武の松井稼頭央新監督の就任会見が18日、都内のホテルで行われた。現役引退後、西武で3年間2軍監督を務め、今季は1軍ヘッドコーチに就任。辻発彦監督を支え、チームを昨季最下位から一時首位に立つまでに押し上げた(最終的には3位)。

「緊張しています。なかなか前に立つことがないので」と第一声を発した松井監督は「まさか、監督と言うお話を頂けるとは正直思っていませんでした。責任は大きいですが、自分らしくやっていきたい。プレッシャーはもちろんあります。自分らしく思い切ってやりたいと思います」と続けた。

来季のテーマを問われると「辻・前監督が作り上げた伝統のライオンズを継承しつつ、もう一度常勝、育成、二つを追うのは難しいところですが、レギュラーには背中でチームを引っ張ってほしい」と話した。さらにキーマンについて「一番のキーマンは僕なんかなと思いますね。選手全員がキーマンですし、この選手を使いたいと思わせる選手が1人でも出てくれば」と自身の名前をまず挙げた。

胸元には、チームカラーの濃紺に白い模様が入ったネクタイ。「阪神の岡田監督が黄色だったので、広島の新井監督も赤でしたし。僕もライオンズブルーで。これをしろと言っているのかなと思ったので、してきました」と理由を話した。

松井新監督は大阪・PL学園高から、1993年ドラフト3位で西武に入団。俊足強打の内野手として活躍した。1998年にパ・リーグMVPに輝いたのをはじめ、盗塁王3度、最多安打2度を獲得。FA権を行使し2004年からMLBに舞台を移した。2011年からはNPBに復帰し楽天、現役最終年の2018年は古巣の西武でプレーした。日米通算2705安打、233本塁打を誇る。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

侍U-23が南アフリカに完封勝ち 13安打9得点の猛攻、スーパーラウンドへ弾み
侍U-23が南アフリカに完封勝ち 13安打9得点の猛攻、スーパーラウンドへ弾み前一篇
中日、人的補償で加入の岩嵜ら3人に戦力外 垣越&加藤らとともに育成再契約へ
中日、人的補償で加入の岩嵜ら3人に戦力外 垣越&加藤らとともに育成再契約へ次一篇