大谷翔平、WBC出場は「ゆっくり考えたい」 気持ち前向きも…疲労回復が鍵か

2022-10-18

大谷翔平、WBC出場は「ゆっくり考えたい」 気持ち前向きも…疲労回復が鍵か
羽田空港着の航空機で帰国したエンゼルス・大谷翔平【写真:荒川祐史】

羽田空港に帰国「前向きにはもちろん考えています」

エンゼルスの大谷翔平投手が18日、羽田空港着の航空機で帰国した。帰国会見に臨み、来年3月に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)について「そういう戦いに出たいという気持ちはある」と、改めて初出場に前向きな姿勢を示した。

大谷はWBC出場について問われると「まだ決断はしていない。日本に帰ってきて、またゆっくり考えたいと思います」と熟考中という姿勢だ。即断できないのは、シーズン前の3月に行われるのが理由か。2年連続でフル回転した疲労が、どこまで抜けるかが鍵とみられる。

「時期が時期。まずはいい状態をシーズンで長く続けられてこそ。それがあってなので、これから考えたい」と、メジャーのシーズンを良いコンディションで戦うことを最優先にしている。「いい状態もあって、タイミングが整っていないと時期的に難しい」と調整の難しさも口にする。

すでに侍ジャパンを率いる栗山英樹監督とは米国で会っている。二刀流の道を共に切り開いてきた恩師には「いっしょにやりたいということは言ってもらえたので、それだけでうれしい」と恩義を感じている。

出場に前向きであるのも間違いない。2017年大会の際は、前年に足首を痛めたことが原因で出場が叶わなかった。「前回はタイミングが合わなかった。そういう戦いに出たいという気持ちは持っているので、前向きにはもちろん考えています」。遠くない時期に下す決断が注目される。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

ブレーブス巻き返しの切り札は大谷翔平? 米メディアが獲得候補に「これは面白い」
ブレーブス巻き返しの切り札は大谷翔平? 米メディアが獲得候補に「これは面白い」次一篇