「グラブは一度、ヘソに」 元ドラ1が少年野球の子どもに伝えたい一塁送球のコツ

2022-09-26

「グラブは一度、ヘソに」 元ドラ1が少年野球の子どもに伝えたい一塁送球のコツ
子どもに指導する元日本ハム・尾崎匡哉さん【写真:橋本健吾】

保護者の疑問「内野手が一塁に強いボールを投げられない」

野球を始めた小学生にとって、軟式ボールの扱いは難しい。保護者がよく口にするのが「内野手が一塁に強いボールを投げられない」。2002年ドラフト1位で日本ハムに入団し、14年間の現役生活を送った尾崎匡哉さんは「いきなり高い技術を求めてはいけない。子どもにあった指導が大事」と説明する。

まだ筋力も付いていない子どもたちには、高い技術を求めるよりも基本の動作を体に染み込ませることが大事。現在、少年野球を指導する尾崎さんは、内野手が一塁送球で苦労する場面を多く見るという。

「子どもたちは甲子園やプロ野球のプレーを映像でたくさん見ています。流れるようなプレー、逆シングル、ジャンピングスローはカッコいい。ですが、これらはしっかりと体が仕上がり、基本を覚えているからこそできるプレーです」

大谷翔平に憧れ&追随する選手急増 U-18制覇…米国にいた2人の逸材二刀流
大谷翔平に憧れ&追随する選手急増 U-18制覇…米国にいた2人の逸材二刀流前一篇
鷹・明石健志が今季で現役引退 球団発表、プロ19年目の野手最後のダイエー戦士
鷹・明石健志が今季で現役引退 球団発表、プロ19年目の野手最後のダイエー戦士次一篇