アンジェ・ポステコグルー

“王者”レアル相手に奮闘も好機生かせず敗戦…ポステコグルー監督「良い教訓になった」
“王者”レアル相手に奮闘も好機生かせず敗戦…ポステコグルー監督「良い教訓になった」
セルティックを率いるアンジェ・ポステコグルー監督がレアル・マドリード戦を振り返った。6日、クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第1節が6日に行われ、セルティックは昨季のCL覇者レアル・マドリードとホームで対戦。序盤から攻勢に出たセルティックだったが、なかなか得点を奪えずにいると、後半にヴィニシウス・ジュニオール、ルカ・モドリッチ、エデン・アザールにゴールを許し、スコア0-3での敗戦となった。 バイエルンvsバルセロナ、マンCvsドルトムントなど見所満載!「UEFAチャンピオンズリーグ」 WOWOWで独占放送・配信! ポステコグルー監督は試合後に「どちらかと言えば我々の方がより良いチャンスを作り出していたと思う。しかしそれを生かすことができなかった。彼ら(レアル・マドリード)は得点した直後から試合の主導権を握り始め、我々は冷静さを失ってしまった」と、敗戦に悔しさを滲ませた。続けて、今回の試合で得られた教訓について次のように語った。 「このような高いレベルの試合ではチャンスを確実にものにする必要があると理解しなければならない。最初のゴールは ...