ガンバ大阪

ベン・カリファが圧巻ハットトリック! 広島、監督交代のG大阪に逆転勝利で3連勝
ベン・カリファが圧巻ハットトリック! 広島、監督交代のG大阪に逆転勝利で3連勝
明治安田生命 J1 リーグ第 26 節が 20 日に行われ、サンフレッチェ広島とガンバ大阪が対戦した。 6 戦未勝利の G 大阪は、17 日に片野坂知宏前監督との契約を解除し、松田浩新監督が就任。好調広島のホームに乗り込んだ一戦では、2 分に幸先よく先制する。レアンドロ・ペレイラが相手に寄せられながらも、力強いドリブルでペナルティエリアに侵入。ラストパスを受け取ったパトリックのシュートは阻まれたが、こぼれ球に反応した L・ペレイラが左足を振り抜いてゴール右下に突き刺した。 11 分、広島が試合を振り出しに戻す。左サイドから満田誠がインスイングのクロスを供給。ニアに飛び込んだナッシム・ベン・カリファが頭で合わせると、シュートはクロスバーにも当たってゴールに吸い込まれた。 次の 1 点が生まれたのは 37 分、G 大阪が再び前に出る。カウンターで敵陣深い位置に押し込むと、齊藤未月がファン・アラーノのパスをペナルティエリア手前で受ける。トラップから右足を振り抜き、ゴール左下に突き刺した。試合は G 大阪の 1 点リードで折り返す。 広島は 56 分にコーナーキックの流れで森島司がネットを揺ら ...
G大阪、トップチーム1名の新型コロナ陽性を発表…濃厚接触者はなし
G大阪、トップチーム1名の新型コロナ陽性を発表…濃厚接触者はなし
ガンバ大阪は19日、トップチームより1名が新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けたことを発表した。 発表によると、当該者Aは18日に咽頭痛を訴えたため、抗原検査を実施したところ陽性判定となり、その後医師により陽性と診断された。なお、現在は隔離対応および療養していて、トップチーム関係者の濃厚接触者はいないという。 G大阪はクラブ公式サイトを通じ、「今後はチーム活動を継続しながら、これ以上の感染拡大防止と注意喚起に取り組み、関係者等の安全確保と健康維持を最優先に関係機関の方針や行動計画に基づいて迅速に対応してまいります」とコメントしている。
新型コロナ影響で中止の福岡vsG大阪の代替日が決定…8月31日に開催
新型コロナ影響で中止の福岡vsG大阪の代替日が決定…8月31日に開催
J リーグは 18 日、新型コロナウイルス感染症の影響により中止となっていた明治安田生命 J1 リーグ第 24 節アビスパ福岡 vs ガンバ大阪の代替日が 8 月 31 日に決定したことを発表した。 同試合は 8 月 6 日に開催予定だったものの、福岡のトップチームの選手・スタッフ複数名が新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けていたことから、試合へのエントリー可能人数が規定の 13 名以上を充足できず、試合の開催が中止となっていた。 代替日は未定となっていたが、8 月 31 日に開催されることが決定。『ベスト電器スタジアム』で 19 時キックオフ予定と発表されている。 なお、中止となった 8 月 6 日の試合チケットは全て払い戻しとなり、代替日での使用はできず。代替試合のチケット販売については福岡のクラブ公式サイトで明らかになっている。
降格圏のG大阪、片野坂知宏監督の解任を発表…後任は松田浩氏が就任
降格圏のG大阪、片野坂知宏監督の解任を発表…後任は松田浩氏が就任
ガンバ大阪は 17 日、片野坂知宏監督を解任することを発表した。なお、後任として同クラブのトップチームコーチを務めていた松田浩氏が就任したことも併せて伝えている。 現在 51 歳の片野坂氏はサンフレッチェ広島や柏レイソル、大分トリニータなどでプレー。現役引退後は、指導者としてキャリアをスタートさせると、2006 年に大分の U-15 コーチに就任した。その後、G 大阪や広島でもコーチを務め、2016 年に大分の監督に着任。就任初年度から明治安田生命 J3 リーグに低迷していた同クラブを明治安田生命 J2 リーグの舞台に戻すと、2018 シーズンには明治安田生命 J1 リーグ昇格へ導く。大分での手腕が評価された同氏は、今シーズンからガンバ大阪で指揮を執っていたものの、第 25 節終了時点(G 大阪は 1 試合未消化)で 6 勝 6 分け 13 敗、勝ち点「22」で降格圏となる 17 位に沈んでいた。 解任が決定した片野坂氏は G 大阪のクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。 「いつもガンバ大阪への応援並びにサポートありがとうございます。この度、監督を退くことになりました。 ...
G大阪の新マスコット、名前は『モフレム(MOFLEM)』に決定! 「モフモフしたフォルムと炎」が由来
G大阪の新マスコット、名前は『モフレム(MOFLEM)』に決定! 「モフモフしたフォルムと炎」が由来
ガンバ大阪は 14 日、新マスコットの名前が決定したことをクラブ公式サイトで発表した。 G 大阪のクラブ公式サイトによると、新マスコットの名前は『モフレム(MOFLEM)』。名前の由来は、モフモフしたフォルムと炎(フレイム)を合わせて名付けられたという。同サイトは「ガンバ大阪の新マスコット『モフレム(MOFLEM)』は、ムードメーカーとして色々な接点で熱狂を生み出し、情熱でガンバ大阪とみなさんをつなぐ存在です」としている。 ■ プロフィール[写真]= GAMBAOSAKA 名前:モフレム(MOFLEM)年齢:不明だけど、子どものような純粋さがある性別:なし出生:クラブとファン・サポーターの情熱と熱狂から生まれた特徴:食いしん坊/体を動かすのが好きだけど、スポーツは上手ではない(大きな足がマイナスなことも)/人々を笑顔にできないか、いつも妄想している/失敗してもへこたれない、強いハートを持っている/スポーツに限らず、いろいろなことに興味津々
G大阪、松田浩コーチの就任を発表「チームに貢献できるよう頑張ります」…6月までJ2長崎を指揮
G大阪、松田浩コーチの就任を発表「チームに貢献できるよう頑張ります」…6月までJ2長崎を指揮
ガンバ大阪は9日、松田浩氏が新たにトップチームコーチに就任したことを発表した。なお、松田氏は8月9日のトレーニングからチームに合流しているという。 現在61歳の松田氏は現役時代、マツダ(現サンフレッチェ広島)やサンフレッチェ広島、ヴィッセル神戸でプレー。1996年の現役引退後は指導者に道に進み、これまでヴィッセル神戸やアビスパ福岡、栃木SCの監督を歴任。その後はJFAナショナルトレセンのコーチやV・ファーレン長崎の育成部長兼アカデミーダイレクターを務めていた。 2021年5月にはV・ファーレン長崎の監督に就任。昨シーズンの明治安田生命J2リーグで低迷していたチームを4位に導き、今シーズンも上位争いを演じていたが、6月12日にクラブから退任が発表されていた。 コーチ就任に際し、松田氏はクラブ公式サイトを通じて次のようなコメント発表している。 「このたびトップチームコーチとして仕事をさせていただくことになりました。今、自分にできる精一杯を出し切り、チームに貢献できるよう頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします」 今シーズン、G大阪は明治安田生命J1リーグで苦戦を強いられており、現在は5勝 ...
J1第24節の福岡vsG大阪が試合中止に…福岡で選手・スタッフ複数名が新型コロナに感染
J1第24節の福岡vsG大阪が試合中止に…福岡で選手・スタッフ複数名が新型コロナに感染
Jリーグは4日、6日に開催予定だった明治安田生命J1リーグ第24節のアビスパ福岡vsガンバ大阪の一戦が、試合中止となったことを発表した。 発表によると、福岡のトップチームの選手・スタッフ複数名が新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けており、試合へのエントリー可能人数が規定の13名以上を充足できないことから、試合の開催が中止となったという。 なお、代替開催日やチケットの取り扱いについては、決定次第発表される見通しとなっている。 福岡では先月29日に選手1名、同31日に選手2名、8月2日に選手・スタッフ計9名、4日に選手・スタッフ計3名の陽性が発表されていた。 ■中止となった試合2022明治安田生命J1リーグ第24節開催日:8月6日(土)キックオフ:19:00対戦カード:アビスパ福岡vs.ガンバ大阪スタジアム:ベスト電器スタジアム