サンフレッチェ広島レジーナ

原爆投下から77年…サンフレッチェ広島、平和発信への思い「被爆地にあるクラブの使命」
原爆投下から77年…サンフレッチェ広島、平和発信への思い「被爆地にあるクラブの使命」
8 月 6 日、広島は 77 回目の原爆の日を迎えた。原子爆弾が投下された時刻の午前 8 時 15 分、は今年も SNS にメッセージを掲載した。 「サッカーができる喜び、スポーツができる喜び、この街で生活できる喜びをかみしめ、この当たり前の平和が永遠に続くことを心より祈念いたします」 サッカーができる喜びスポーツができる喜びこの街で生活できる喜びをかみしめ この当たり前の平和が永遠に続くことを心より祈念いたします — 公式 (@sanfrecce_SFC) は、これまでもサッカーを通じて平和の大切さを伝えてきた。それは、被爆地に本拠地を置くクラブとしての「使命」だという。 今年は平和の尊さを改めて感じる年となった。特に 2 月、ロシアによるウクライナ侵攻が始まり、核兵器を使用する可能性さえも示唆された。当たり前の日常が簡単に壊され、核兵器による大惨事がいつでも起こりうる世界であるという強烈な現実を突きつけられた。 不安が募る国際情勢の中で、は平和の声を上げた。SNS で「深い悲しみや苦しみ、消えない傷を知っているからこそ、平和への願いを世界に伝えたい。一刻も早く平穏な日々が訪れま ...