ジェフユナイテッド千葉

千葉、来季加入内定FW小森飛絢の特別指定選手承認を発表…背番号は『41』に決定
千葉、来季加入内定FW小森飛絢の特別指定選手承認を発表…背番号は『41』に決定
ジェフユナイテッド千葉は 19 日、2023 シーズン加入内定が決定している新潟医療福祉大学の FW 小森飛絢が、JFA・J リーグ特別指定選手として日本サッカー協会より承認されたことを発表した。また、背番号は『41』を着用することも併せて伝えている。 現在 22 歳の小森は富山第一高校出身で、2018 年に行われた全国高校サッカー選手権大会に出場。その後、新潟医療福祉大学へ進学した同選手は 7 月 18 日、ジェフユナイテッド千葉への 2023 シーズン加入内定が発表されていた。
千葉のキットマネージャー、後藤聖弥氏が逝去…2018年まで磐田にも在籍
千葉のキットマネージャー、後藤聖弥氏が逝去…2018年まで磐田にも在籍
ジェフユナイテッド千葉は 17 日、トップチームスタッフの後藤聖弥氏が 15 日に逝去したことを報告した。 1989 年 12 月 13 日生まれの後藤氏は、2013 年から 2018 年まで、マネージャーとしてジュビロ磐田に従事した。2019 年からは千葉のキットマネージャーを務めていた。 今回の訃報を受け、千葉はクラブ公式 HP を通じ、「ジェフユナイテッド市原・千葉では、トップチームスタッフの後藤聖弥氏が 8 月 15 日(月)に逝去されましたことをお知らせいたします。ここに謹んでご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の皆さまに心よりお悔やみ申し上げます」とコメントを発表した。 また、後藤氏がかつて在籍していた磐田もクラブとしてコメントを発信。「ジュビロ磐田において 2013 年~ 2018 年にマネージャーとしてご尽力いただいた後藤聖弥氏が、8 月 15 日(月)ご逝去されました。ご逝去の報に接し、心よりご冥福をお祈りいたします」と伝えた。
千葉のキャプテン・DF鈴木大輔が再び負傷…左腓骨筋腱脱臼で約3か月の離脱に
千葉のキャプテン・DF鈴木大輔が再び負傷…左腓骨筋腱脱臼で約3か月の離脱に
ジェフユナイテッド千葉は 15 日、DF 鈴木大輔の負傷状況を発表した。 千葉の発表によると、鈴木は 7 月 23 日のトレーニングにて負傷したという。診断名は「左腓骨筋腱脱臼(ひだりひこつきんけんだっきゅう)」。8 月 9 日に手術を実施しており、全治まではおおよそ 3 か月ほどを要する見込みだ。回復が順調に進めば、10 月 23 日に予定されている明治安田生命 J2 リーグ第 42 節(最終節)のレノファ山口 FC 戦前後のタイミングで戦列に復帰できる見込みだ。 現在 32 歳の鈴木はアルビレックス新潟、柏レイソル、ジムナスティック・タラゴナ(スペイン)、浦和レッズでプレーし、2021 シーズンから千葉でプレー。加入初年度からキャプテンを任され、昨季の明治安田生命 J2 リーグでは 41 試合に出場して 3 ゴールをマーク。今シーズンはここまで 20 試合の出場で 2 ゴールを挙げている。6 月 5 日に行われた第 20 節ベガルタ仙台戦(◯2-0)で「右大腿二頭筋肉離れ」のケガを負って以降は公式戦のピッチに立てていなかった。 今シーズン、千葉は明治安田生命 J2 リーグ第 31 ...
千葉FWサウダーニャ、中国1部リーグ成都銭宝足球倶楽部への期限付き移籍を発表「この決断に…」
千葉FWサウダーニャ、中国1部リーグ成都銭宝足球倶楽部への期限付き移籍を発表「この決断に…」
ジェフユナイテッド千葉 4 日は、ブラジル人 FW サウダーニャが成都銭宝足球倶楽部(中国 1 部)へ期限付き移籍をすることを発表した。なお、期限付き移籍期間は 2022 年 12 月 31 日までと併せて伝えている。 現在 22 歳のサウダーニャは母国ブラジルの EC バイーアの下部組織出身で、2020 年にトップチーム昇格。2021 年冬にジェフユナイテッド千葉へと加入した同選手は、2021 シーズンの明治安田生命 J2 リーグ 31 試合に出場し 3 ゴールを記録した。 今シーズンは、J2 リーグ 16 試合に出場していたサウダーニャ。1 シーズン半に渡ってプレーしたジェフユナイテッド千葉退団に際し、同選手はクラブ公式サイトで感謝のコメントを残している。 「まずこの場を借りて、クラブに関わるスタッフを始め仲間である選手達や千葉で出来た友達、そして何よりもサポーターの皆様に心からの感謝を伝えたいです。ここで経験した事は、他では経験が出来ない素晴らしいものでした。これらの経験はプロ選手としてはもちろん、1 人の人間としても自分を成長させてくれました。もちろん、その過程において失敗もし ...