セレッソ大阪

C大阪がMF原川力の負傷を発表…左肩関節脱臼で全治6か月、今季中の復帰は絶望的に
C大阪がMF原川力の負傷を発表…左肩関節脱臼で全治6か月、今季中の復帰は絶望的に
は 19 日、同クラブに所属している MF の負傷状況について発表した。 原川は 6 日に行われた明治安田生命 J1 リーグ第 24 節のヴィッセル神戸戦(◯3-0)にスタメンで出場したものの、同試合前半に左肩を負傷。起き上がることができず、担架に乗せられてピッチを後にしていた。 C 大阪は原川が「左肩関節脱臼」と診断されたことを報告。18 日付で手術を実施したという。全治までは約 6 か月ほどを要する見込みで、今シーズン中の復帰は絶望的となってしまった。 これまで原川は京都サンガ F.C.、愛媛 FC、川崎フロンターレ、サガン鳥栖でプレー。2021 シーズンより C 大阪でプレーしている。昨季の明治安田生命 J1 リーグでは 26 試合に出場して 2 ゴールをマーク。今季もここまで 18 試合に出場していた。 今シーズン、C 大阪は第 24 節終了時点で勝ち点「41」を積み上げ、暫定 4 位に。1 試合未消化ながら 2 位の鹿島アントラーズとは勝ち点「2」差、3 位の柏レイソルとは勝ち点「1」差という状況だ。来季の AFC チャンピオンズリーグ(ACL)出場権争いだけでなく、今後次第 ...
台風8号の影響で中止のJ1第25節FC東京vsC大阪…代替日は10月12日に決定
台風8号の影響で中止のJ1第25節FC東京vsC大阪…代替日は10月12日に決定
J リーグは 19 日、台風 8 号の影響により中止となっていた明治安田生命 J1 リーグ第 25 節 FC 東京 vs セレッソ大阪の代替開催日が決定したことを発表した。 同試合は 8 月 13 日に開催予定だったものの、台風 8 号の影響により中止となっていた。代替日は未定となっていたが、10 月 12 日(水)に決定。味の素スタジアムで 19 時キックオフ予定となっている。 なお、中止となった試合チケットは全て“無効”となり、代替開催日に使用はできない。払い戻し方法の詳細は、クラブ公式サイトで案内している。
C大阪のGKダン・バン・ラム、母国ビンディンFCへ完全移籍「今年タイトルを獲って下さい」
C大阪のGKダン・バン・ラム、母国ビンディンFCへ完全移籍「今年タイトルを獲って下さい」
セレッソ大阪は 16 日、ベトナム代表 GK ダン・バン・ラムがビンディン FC(ベトナム 1 部)へ完全移籍することを発表した。 現在 29 歳のバン・ラムはロシアのモスクワ出身で、“名門”スパルタク・モスクワなどの下部組織で育った。2006 年にホアンアインザライ FC(ベトナム)の下部組織へと入団すると、2011 年にトップチーム昇格を果たす。その後、期限付き移籍したチームも含めて 4 チームでプレーした同選手は 2021 年 1 月にセレッソ大阪へと加入。しかしながら、負傷の影響などもあり、クラブ公式戦通算 2 試合の出場にとどまっていた。 バン・ラムはセレッソ大阪退団に際し、クラブ公式サイトで感謝のコメントを残している。 「このチームの一員として過ごせた日々を凄く嬉しく思います。セレッソ大阪というクラブ、コーチングスタッフの皆さん、選手全員に感謝の気持ちしかありません。特に怪我からの復帰に全力で支えてくれたメディカルスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。セレッソ大阪をこれからも全力で応援しています。絶対に今年タイトルを獲って下さい。ラムちゃんより」
J1の3試合が台風8号接近の影響で中止に…横浜FM、川崎F、FC東京のホーム戦
J1の3試合が台風8号接近の影響で中止に…横浜FM、川崎F、FC東京のホーム戦
J リーグは 13 日、同日に開催予定だった明治安田生命 J1 リーグ第 25 節の「横浜 F・マリノス vs 湘南ベルマーレ」、「川崎フロンターレ vs 京都サンガ F.C.」、「FC 東京 vs セレッソ大阪」の開催中止を発表した。 横浜 FM と湘南の一戦は 13 日 19 時から日産スタジアムで、川崎 F と京都の一戦は 13 日 19 時から等々力陸上競技場で、FC 東京と C 大阪の一戦は 13 日 19 時から味の素スタジアムでそれぞれ開催予定だったが、3 試合ともに台風 8 号の影響によって中止が決まった。 なお、3 試合ともに代替日は決定次第改めて発表されることになっており、J リーグは公式サイトで「中止試合のチケットの扱いについては、決定次第お知らせいたします。お手元のチケットは取り扱い決定まで大切に保管してください」と伝えている。
C大阪MF岡澤昂星がブラジルへ期限付き移籍「大きくなって帰って来られるよう」
C大阪MF岡澤昂星がブラジルへ期限付き移籍「大きくなって帰って来られるよう」
セレッソ大阪は 10 日、MF 岡澤昂星がレッドブル・ブラガンチーノ(ブラジル)へ期限付き移籍することを発表した。なお、移籍期間は 2022 年 8 月 1 日〜2022 年 12 月 15 日(予定)となっている。 岡澤は 2003 年生まれの現在 18 歳で、身長 165 センチメートルの MF。大阪府出身でセレッソ大阪西 U-15、同 U-18 を経て、2022 シーズンよりトップチームに昇格した。今シーズンはここまでリーグ戦での出場機会はなかったものの、J リーグ YBC ルヴァンカップでは 3 試合で 1 ゴール、天皇杯JFA 第 102 回全日本サッカー選手権大会では 3 試合出場を記録していた。 なお、レッドブル・ブラガンチーノは 7 月 22 日にレッソ大阪のトップパートナーであるヤンマーホールディングス株式会社とプレミアムパートナー契約を締結している。 期限付き移籍が決定した岡澤は C 大阪のクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。 「ブラジルのレットブルブラガンチーノに期限付き移籍する事になりました。アカデミーから育ててもらった大好きなチームを離れるの ...