ファジアーノ岡山

岡山、選手6名が新型コロナに感染…本日のJ2第32節・横浜FC戦は条件満たした選手がエントリー
岡山、選手6名が新型コロナに感染…本日のJ2第32節・横浜FC戦は条件満たした選手がエントリー
ファジアーノ岡山は 20 日、トップチーム選手 6 名から新型コロナウイルス陽性反応が検出されたことをクラブ公式サイトで発表した。 岡山のクラブ公式サイトによる発表は、以下のとおり。 「このたび、トップチーム選手 6 名が新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けましたので、お知らせいたします」 「8 月 18 日に発表した選手 1 名の陽性診断を受け、トップチームの選手、スタッフを対象にクラブ独自の PCR 検査を実施したところ、当該 6 名の陽性が確認されました。発熱等の症状はなく、療養しております」 「なお、J リーグ独自基準による濃厚接触疑い者に、トップチーム 1 選手が該当すると判断いたしました。当該選手は体調不良等の諸症状はなく、チームとは隔離をしております」 「試合は、本日スクリーニング検査を行い、陰性判定の者でエントリー予定です」 「ファジアーノ岡山では、今後も医療機関等の指導を仰ぎながら適切に対応し、新型コロナウイルス感染症の感染予防・感染拡大防止に努めてまいります」
岡山、トップチーム選手1名が新型コロナ感染…濃厚接触疑い者2名も隔離
岡山、トップチーム選手1名が新型コロナ感染…濃厚接触疑い者2名も隔離
ファジアーノ岡山は 15 日、トップチーム選手 1 名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを発表した。 発表によると、当該選手は 8 月 14 日夜から発熱の症状が見られ、翌 15 日に医療機関にて PCR 検査を受けた結果、陽性と診断されたという。今現在は、保健所等の指導のもと療養中。また、J リーグ独自基準による濃厚接触疑い者に、トップチーム選手 2 名が該当したことを明かしつつ、当該 2 選手は体調不良等の諸症状はなく、チームとは隔離をしていることも併せて伝えている。 ファジアーノ岡山はクラブ公式サイトで「ファジアーノ岡山では、今後も医療機関や保健所等の指導を仰ぎながら適切に対応し、新型コロナウイルス感染症の感染予防・感染拡大防止に努めてまいります」と声明を発表している。
秋田MF輪笠祐士、岡山への完全移籍が決定「変わらず精進していきたい」
秋田MF輪笠祐士、岡山への完全移籍が決定「変わらず精進していきたい」
ブラウブリッツ秋田に所属する MF 輪笠祐士が、ファジアーノ岡山に完全移籍で加入することが決定した。8 日、両クラブが発表している。なお、輪笠は 10 日より岡山に合流する予定で、背番号は「34」に決まった。 現在 26 歳の輪笠は FC 東京 U-15 むさし、FC 東京 U-18、日本体育大学を経て、2018 年に福島ユナイテッド FC に加入し、2020 年から秋田でプレーしている。今シーズンはここまで明治安田生命 J2 リーグで 29 試合に出場し、1 得点を記録していた。 完全移籍が決定した輪笠は秋田のクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。 「このような形での急なご報告となってしまい申し訳ありません。この度、ファジアーノ岡山へ移籍することとなりました。今のチーム状況や、昨年 J2 に昇格し、ブラウブリッツ秋田というクラブが今後大きくなっていく上で、とても大事な時期であるということは重々承知しています。ですが、今後の自分のサッカー人生を考えたとき、今いただいたチャンスにチャレンジしたいというのが素直な気持ちであったため、このような決断をしました」 「約 2 年半 ...
岡山、トップチーム選手1名の新型コロナ陽性を発表…濃厚接触疑い者はなし
岡山、トップチーム選手1名の新型コロナ陽性を発表…濃厚接触疑い者はなし
ファジアーノ岡山は 8 月 1 日、トップチーム選手 1 名が新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けたことを発表した。 発表によると、当該選手は 7 月 30 日の朝より咽頭痛の症状が見られて自宅待機。同日夕方には発熱の症状が現れて、7 月 31 日に医療機関で PCR 検査を受けた結果、陽性と診断されたという。今現在は、保健所等の指導のもと療養していることも明らかにしている。 なお、クラブ関係者に J リーグ独自基準による濃厚接触疑い者はいないことも併せて伝えている。 ファジアーノ岡山はクラブ公式サイトで「ファジアーノ岡山では、今後も医療機関や保健所等の指導を仰ぎながら適切に対応し、新型コロナウイルス感染症の感染予防・感染拡大防止に努めてまいります」と声明を発表している。
清水FW川本梨誉、群馬への育成型期限付き移籍を発表…昨季から岡山で武者修行
清水FW川本梨誉、群馬への育成型期限付き移籍を発表…昨季から岡山で武者修行
清水エスパルスは8月1日、ファジアーノ岡山に育成型期限付き移籍していたFW川本梨誉が、ザスパクサツ群馬へ育成型期限付き移籍することを発表した。なお、契約期間は2022年8月1日~2023年1月31日までと併せて伝えている。 現在21歳の川本は清水エスパルスの育成組織出身で、2019シーズンにトップチームデビューを飾った。翌2020シーズンにトップチーム昇格を果たすと、2021シーズンからはファジアーノ岡山へ育成型期限付き移籍。昨シーズンの明治安田生命J2リーグ30試合に出場した同選手は、今シーズンも育成型期限付き移籍期間を延長させていた。 今シーズンのJ2リーグ20試合に出場し2ゴールを記録している川本。1シーズン半に渡ってプレーしたファジアーノ岡山退団に際し、クラブ公式サイトでコメントを残している。 「ファジアーノ岡山に関わる全ての方々、一年半本当にありがとうございました! 僕の大好きなクラブです! 群馬でも頑張ります」 また川本は清水エスパルス公式サイトで、武者修行に向けてコメントを残している。 「群馬に移籍することになりました。成長した姿を見せられるよう、もう一度サッカーと真摯に ...