新庄剛志

西武の松井稼頭央新監督が就任会見 常勝へのキーマン問われ「一番は僕なんかな」
西武の松井稼頭央新監督が就任会見 常勝へのキーマン問われ「一番は僕なんかな」
就任会見を行った西武・松井稼頭央新監督【写真:荒川祐史】 濃紺ネクタイで登場「岡田監督が黄色だったので…」西武の松井稼頭央新監督の就任会見が18日、都内のホテルで行われた。現役引退後、西武で3年間2軍監督を務め、今季は1軍ヘッドコーチに就任。辻発彦監督を支え、チームを昨季最下位から一時首位に立つまでに押し上げた(最終的には3位)。 「緊張しています。なかなか前に立つことがないので」と第一声を発した松井監督は「まさか、監督と言うお話を頂けるとは正直思っていませんでした。責任は大きいですが、自分らしくやっていきたい。プレッシャーはもちろんあります。自分らしく思い切ってやりたいと思います」と続けた。 来季のテーマを問われると「辻・前監督が作り上げた伝統のライオンズを継承しつつ、もう一度常勝、育成、二つを追うのは難しいところですが、レギュラーには背中でチームを引っ張ってほしい」と話した。さらにキーマンについて「一番のキーマンは僕なんかなと思いますね。選手全員がキーマンですし、この選手を使いたいと思わせる選手が1人でも出てくれば」と自身の名前をまず挙げた。 胸元には、チームカラーの濃紺に白い模様 ...
日本ハム渡邉、高濱と阪神の齋藤、江越が2対2の交換トレード 今オフ初の成立
日本ハム渡邉、高濱と阪神の齋藤、江越が2対2の交換トレード 今オフ初の成立
交換トレードが成立した日本ハム・渡邉諒(左)と阪神・江越大賀【写真:荒川祐史】 岡田新監督の阪神がさっそく積極補強日本ハムと阪神の両球団が18日、2対2の交換トレード成立を発表した。日本ハムから渡邉諒内野手と高濱祐仁内野手が阪神に、阪神の齋藤友貴哉投手と、江越大賀外野手が日本ハムに移籍する。NPB球団のトレードは今オフ初の成立。岡田彰布新監督が就任した阪神がさっそく積極補強に動いた。 阪神に移籍する渡邉と高濱は、打力が魅力の内野手。2014年に東海大甲府高からドラフト1位で日本ハム入りした渡邉は、2019年に二塁の定位置をつかんで132試合出場で打率.262、11本塁打。ただその後は出場試合を減らし、今季は21試合で.233にとどまっていた。 高濱は、2019年オフに育成落ちを味わったこともある苦労人。昨季は1軍で自己最多の107試合に出場し打率.262、8本塁打を残したものの、今季は7試合出場で.059に終わっていた。 また阪神から移籍する江越は、高い身体能力を誇る外野手。2015年に駒大からドラフト3位でプロ入りすると、2016年には自己最多の72試合に出場し打率.209、7本塁打 ...
田中将大、WBC出場に意欲 タレント豊富な投手陣に「簡単ではないのは承知ですが…」
田中将大、WBC出場に意欲 タレント豊富な投手陣に「簡単ではないのは承知ですが…」
楽天・田中将大【写真:荒川祐史】 2009年世界一を経験、昨夏東京五輪でも金メダル楽天の田中将大投手が18日、自身のツイッターを更新し、来年3月に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への出場希望を示した。 「来年開催されるWBCについて自分の気持ちをお話する機会がなかったので、ここで言わせていただきます。良い選手が沢山居ますし、なかなか簡単なことではないのは重々承知の上ですが、出場したいです!」としたもの。 代表経験は豊富だ。2008年の北京五輪に出場、昨夏は東京五輪で金メダルに貢献している。WBCでは2009年と2013年の2度代表入りし、2009年には優勝も経験した。 田中将自身もつづった通り、日本代表の投手陣は層が厚い。WBCで代表を率いる栗山英樹監督は「球界が若返ろうとしている時期にある」と口にしている。11月に豪州と戦う代表には佐々木朗希投手(ロッテ)ら新たな才能が加わり、東京五輪で中心となった山本由伸投手(オリックス)もいる。メジャーリーグからも大谷翔平投手(エンゼルス)が出場を熱望し、球団も容認する姿勢だ。 ヤンキースから楽天に復帰して2年目の今季は9勝1 ...
侍Jとの“二刀流”大丈夫? OP戦離脱も…ロッテ吉井新監督「今は便利な世の中」
侍Jとの“二刀流”大丈夫? OP戦離脱も…ロッテ吉井新監督「今は便利な世の中」
ZOZOマリンスタジアムで就任会見を行ったロッテ・吉井理人新監督【写真:荒川祐史】 「オンラインを使ってコミュニケーションを取っていく」ロッテの吉井理人新監督が18日、ZOZOマリンスタジアムで就任会見を行った。侍ジャパンの投手コーチも兼任する形となるが、「まずWBCのコーチのほうはしっかりやりたいなと思っています」と“二刀流体制”で指揮を執っていくことを明かした。 吉井監督は「シーズンが終わってすぐにオファーをいただいたんですが、予想もしていなかったので凄く驚きました。返事をするのに一晩考えたんですけども、断る理由は本当にないので。この世界にいる以上、みんなが監督になりたいと考えている」と決断の理由を語った。 来年3月に開幕するWBCは、春季キャンプ、オープン戦と時期が被ってしまう。「マリーンズの監督の方もキャンプ前半は見れます。オープン戦の途中で抜けますが、今は便利な世の中なので、オンラインを使って、コーチ陣、選手とコミュニケーションを取っていきたいなと思います。優秀なスタッフを揃えてくれているので、信頼してやっていきたいなと思います」と、遠隔で指導していくようだ。 監督就任が決ま ...
西武、コーチ陣の組閣を発表 平石氏がヘッド昇格、引退の内海氏が投手コーチ専任
西武、コーチ陣の組閣を発表 平石氏がヘッド昇格、引退の内海氏が投手コーチ専任
現役を引退した内海哲也氏がファームで投手コーチ専任となる【写真:荒川祐史】 戦力外の熊代氏は2軍外野守備・走塁コーチ西武は18日、来季2023年シーズンに臨むコーチングスタッフを発表した。今季打撃コーチを担った平石洋介氏がヘッドコーチに昇格。松井稼頭央新監督を参謀として支える。 コーチを兼任した今季限りで現役を引退した内海哲也氏は、ファームで投手コーチ専任に。戦力外通告を受けた熊代聖人氏は2軍の外野守備・走塁コーチを任されることになった。 2軍の野手コーチだった嶋重宣氏は1軍の打撃コーチに配置転換となった。2012年まで西武でプレーした大島裕行氏がファームの打撃コーチに就任。鬼崎裕司氏は3軍守備コーチを担う。
ロッテ、吉井新監督が就任会見「期待でいっぱい」 背番号21「勝たないと意味ない」
ロッテ、吉井新監督が就任会見「期待でいっぱい」 背番号21「勝たないと意味ない」
ZOZOマリンスタジアムで就任会見を行ったロッテ・吉井理人新監督【写真:荒川祐史】 背番号は「21」と発表「81にしようと思ったんですけど…」ロッテの吉井理人新監督が18日、ZOZOマリンスタジアムで就任会見を行った。背番号は近鉄時代などに背負った「21」と発表された。 吉井監督は「ワクワクしております。これから何が起こるかという期待でいっぱいです」と胸の高ぶりを表現。「目的としては優勝。まずは勝てるように。選手の個性、スタイル。それをしっかり見ていきたい」と意気込みを語った。 選手育成については「プロなので勝たないと意味がない。勝ちにこだわったプレーができる選手にみんなを育てていきたい」と語った。 背番号は近鉄、メッツ、ヤクルト時代などに背負った21と発表。「当初は侍ジャパンと一緒の81にしようと思ったんですけど、(既に)付けている人がいて、(21が)空いていたので」と、親しんだ番号を付けるに至った理由を明かした。 今季は3年ぶりにBクラスに終わり、5年間指揮を執った井口資仁監督が辞任。現役時代に日米で多くの経験があり、指導歴も豊富な吉井氏に再建が託された。
オリックス、5年目外野手の西村凌に戦力外通告 今季は16試合で打率.133
オリックス、5年目外野手の西村凌に戦力外通告 今季は16試合で打率.133
オリックス・西村凌【写真:荒川祐史】 2017年のドラフト5位で入団、プロ通算108試合出場オリックスは18日、プロ5年目の西村凌外野手に対し、来季の選手契約を行わないと通告したと発表した。今季は1軍で16試合に出場し、打率.133、0本塁打、6打点だった。 2017年のドラフト5位でオリックスに入団。1年目の2018年に31試合に出場したのが、結果的にキャリア最多となった。打撃で存在感を見せられず、プロ通算108試合で打率.192、5本塁打、23打点だった。 (Full-Count編集部)
指名漏れから3年、最速147キロ左腕に成長 西濃運輸・林優樹が迎える運命のドラフト
指名漏れから3年、最速147キロ左腕に成長 西濃運輸・林優樹が迎える運命のドラフト
ドラフト候補の西濃運輸・林優樹【写真:清水しんや】 近江高から西濃運輸を経てプロ入りを目指す林優樹春夏通算3度の甲子園出場を誇る技巧派左腕が、“2度目”のドラフト会議を迎える。2018年夏の甲子園第100回記念大会では2年生ながら強豪・近江高投手陣の一翼を担い、2001年以来17年ぶりの8強入りへ導いたのが林優樹投手。酸いも甘いも経験した左腕は最速147キロの速球、自慢のチェンジアップを武器にプロの扉をたたこうとしている。 甲子園の名場面として語り継がれていくであろう2018年夏の甲子園準々決勝、金足農業戦の「サヨナラ2ランスクイズ」が決まった時に、マウンドにいた背番号「18」として覚えている人も多いだろう。現在は社会人野球の名門・西濃運輸に籍を置き、高卒3年目の今年はドラフト解禁年。会議は開かれる10月20日を前にして「1日がすごい長くて、夜も眠れなくて、寝つきが悪くて」と緊張の日々を過ごしている。 近江高3年の2019年にプロ志望届を提出も名前が呼ばれることはなかった。指名漏れした日を「スタートに立てた1日」と位置付けている。 「あの時は家族の想いもあって出させてもらったんですけど ...
「自衛隊」「回転寿司」と打撃の共通点は? ドラフト候補へ成長させた元プロの“珍言”
「自衛隊」「回転寿司」と打撃の共通点は? ドラフト候補へ成長させた元プロの“珍言”
ドラフト候補の山村学園・坪井蒼汰【写真:加治屋友輝】 埼玉・山村学園の高校通算37本塁打の強打者、坪井蒼汰内野手は運命の日を待つ埼玉の高校に将来有能なスラッガーがいる。山村学園で高校通算37本塁打を放った坪井蒼汰内野手。西武・中村剛也内野手を思わせる柔らかいスイングで、大きな放物線を描く。甲子園出場こそないが、今春の関東大会で1試合2発を放つなど、スカウトの目に留まる活躍を見せた。中学時代から指導を受けた元プロ野球選手の出会いも大きく、夢をたぐり寄せた。176センチ、85キロの体格だが、愛らしい瞳を持つ大砲は運命の時を待つ。 ドラフト会議まで1週間を切った。「まだ実感が湧いていない状態です。これから、緊張してくると思います」と坪井は率直な気持ちを語った。今春の関東大会、市立船橋戦(千葉)で放った2本塁打。夏の埼玉大会は準決勝で惜しくも敗れたが、6試合で2本塁打。即戦力ではないが、将来の主軸を打てる才能は秘めている。 山村学園の指導者たちからは「野球小僧」「努力家」と評される。野球部を引退した今でも1、2年生と混ざって、バットを振っている。練習に対するその姿勢は「歴代の部員見てもトップク ...
「走塁より速い」 なぜか別方向へ爆走…吉田正尚の“奇行”が「おもろ過ぎる」
「走塁より速い」 なぜか別方向へ爆走…吉田正尚の“奇行”が「おもろ過ぎる」
オリックス・吉田正尚【写真:橋本健吾】 CSでソフトバンクを破り、2年連続の日本シリーズ進出を決めたオリックスはクライマックスシリーズ(CS)でソフトバンクを破り、2年連続の日本シリーズ進出を決めた。歓喜の瞬間、殊勲打の中川圭の元にナインが飛び出していくが、吉田正尚外野手だけ違う方向へ猛ダッシュ。「試合の時より足速くない!?(笑)」「めっちゃ綺麗な走り方」と注目を集めている。 15日の第4戦は接戦となった。2-2の同点で迎えた9回裏、難攻不落のモイネロを攻めて2死一、三塁とすると、中川が三遊間を破るサヨナラ適時打を放って試合を決めた。ネクストバッターズサークルにいた吉田正はベンチから飛び出した選手たちからやや遅れたものの、水を持ってダッシュ。しかし向かったのは頓宮のもとだった。急加速して頓宮を捉えると、うれしそうに水をかけている。 オリックスの球団公式YouTubeが「中川圭太選手サヨナラ打!大興奮の裏側」と題した映像を公開。吉田正の姿に「いたずらっ子のような笑顔で走り出す正尚の姿にギャップ萌えしてしまいました」「迷わず頓宮の所に超ダッシュする筋肉最高やなww」「ニッコニコで頓宮に水ぶ ...