森友哉

指名漏れから3年、最速147キロ左腕に成長 西濃運輸・林優樹が迎える運命のドラフト
指名漏れから3年、最速147キロ左腕に成長 西濃運輸・林優樹が迎える運命のドラフト
ドラフト候補の西濃運輸・林優樹【写真:清水しんや】 近江高から西濃運輸を経てプロ入りを目指す林優樹春夏通算3度の甲子園出場を誇る技巧派左腕が、“2度目”のドラフト会議を迎える。2018年夏の甲子園第100回記念大会では2年生ながら強豪・近江高投手陣の一翼を担い、2001年以来17年ぶりの8強入りへ導いたのが林優樹投手。酸いも甘いも経験した左腕は最速147キロの速球、自慢のチェンジアップを武器にプロの扉をたたこうとしている。 甲子園の名場面として語り継がれていくであろう2018年夏の甲子園準々決勝、金足農業戦の「サヨナラ2ランスクイズ」が決まった時に、マウンドにいた背番号「18」として覚えている人も多いだろう。現在は社会人野球の名門・西濃運輸に籍を置き、高卒3年目の今年はドラフト解禁年。会議は開かれる10月20日を前にして「1日がすごい長くて、夜も眠れなくて、寝つきが悪くて」と緊張の日々を過ごしている。 近江高3年の2019年にプロ志望届を提出も名前が呼ばれることはなかった。指名漏れした日を「スタートに立てた1日」と位置付けている。 「あの時は家族の想いもあって出させてもらったんですけど ...
「自衛隊」「回転寿司」と打撃の共通点は? ドラフト候補へ成長させた元プロの“珍言”
「自衛隊」「回転寿司」と打撃の共通点は? ドラフト候補へ成長させた元プロの“珍言”
ドラフト候補の山村学園・坪井蒼汰【写真:加治屋友輝】 埼玉・山村学園の高校通算37本塁打の強打者、坪井蒼汰内野手は運命の日を待つ埼玉の高校に将来有能なスラッガーがいる。山村学園で高校通算37本塁打を放った坪井蒼汰内野手。西武・中村剛也内野手を思わせる柔らかいスイングで、大きな放物線を描く。甲子園出場こそないが、今春の関東大会で1試合2発を放つなど、スカウトの目に留まる活躍を見せた。中学時代から指導を受けた元プロ野球選手の出会いも大きく、夢をたぐり寄せた。176センチ、85キロの体格だが、愛らしい瞳を持つ大砲は運命の時を待つ。 ドラフト会議まで1週間を切った。「まだ実感が湧いていない状態です。これから、緊張してくると思います」と坪井は率直な気持ちを語った。今春の関東大会、市立船橋戦(千葉)で放った2本塁打。夏の埼玉大会は準決勝で惜しくも敗れたが、6試合で2本塁打。即戦力ではないが、将来の主軸を打てる才能は秘めている。 山村学園の指導者たちからは「野球小僧」「努力家」と評される。野球部を引退した今でも1、2年生と混ざって、バットを振っている。練習に対するその姿勢は「歴代の部員見てもトップク ...
社会人MVP&投手3冠が待つドラフト 151キロ右腕が明かす「昨年より成長」できた点
社会人MVP&投手3冠が待つドラフト 151キロ右腕が明かす「昨年より成長」できた点
大阪ガス・河野佳【写真:中戸川知世】 河野佳は広陵高で甲子園2度出場、2年目で強豪・大阪ガスのエースに150キロを超える直球、キレのある変化球を武器にマウンドを支配する。社会人野球の強豪・大阪ガスの若きエース右腕、河野佳(かわの・けい)投手がドラフト解禁年を迎えた。昨年の日本選手権では、東海REXとの初戦で5安打完封勝利を飾るなど、決勝を含む計4試合19イニングを無失点に抑え、チームの大会2連覇に大きく貢献した。 この活躍が評価され、高卒2年目ながら大会MVPを受賞した。さらに、昨年度のJABA(日本野球連盟)主要大会における最多勝(7試合6勝0敗)、最優秀防御率(0.21)、ベストナインの3冠にも輝いた。 史上3チーム目の日本選手権2連覇を「そこまで(の完璧な投球を)したことがなかったんで、たまたまが重なったかなという感じです。あの試合は調子が良かったのか、偶然が重なったというか」と振り返る。しかし、高校時代からNPBスカウトが注目してきた実力は本物だ。 広陵高では1年秋からベンチ入りし、2年夏に甲子園デビュー。新チームのエースとして挑んだ秋季中国大会では、創志学園のエースだった阪神 ...
巨人は1度も当たらず11連敗、オリも苦戦… 過去10年でドラフトくじ引きに強い球団は
巨人は1度も当たらず11連敗、オリも苦戦… 過去10年でドラフトくじ引きに強い球団は
巨人・原辰徳監督【写真:荒川祐史】 ロッテは佐々木朗、藤原らを1度目抽選でゲットしている2022年のドラフト会議は10月20日に開催される。注目されている日体大の二刀流・矢澤宏太投手、早大・蛭間拓哉外野手、高松商・浅野翔吾外野手らはどの球団が交渉権を得るだろうか。ここでは過去10年(2012年以降)のドラフトを振り返り、12球団のくじ引き“勝率”を検証する。 圧倒的な強さを誇っているのがロッテだ。外れ1位を含めて12度抽選に臨み、8度当てている。2019年は佐々木朗希(4球団)、2018年は藤原恭大(3球団)、2015年に平沢大河(2球団)、2013年に石川歩(2球団)を1回目入札で引き当てている他、外れ1位で2017年に安田尚憲(3球団)、2016年に佐々木千隼(5球団)を当てている。昨年は高卒捕手・松川虎生を1本釣りし、1年目から76試合に出場した。 続くのは中日で7度中4度引き当てている。2019年は石川昂弥(3球団)、2018年は根尾昂(4球団)、2016年は柳裕也(2球団)、2015年は外れ1位で小笠原慎之介(2球団)を獲得している。 楽天も10度引いて5度当たりと確率が高い ...
西武、早大・蛭間のドラフト1位指名を公言 渡辺GM「チームの弱点に当てはまる」
西武、早大・蛭間のドラフト1位指名を公言 渡辺GM「チームの弱点に当てはまる」
早大・蛭間拓哉【写真:小林靖】 オンライン会見で渡辺久信GMが明らかに「走攻守そろっている」西武は11日、渡辺久信GMがオンラインで会見し、20日のドラフト会議で早大の蛭間拓哉外野手を1位指名すると明言した。 浦和学院高(埼玉)出身の蛭間は、大学1年から東京六大学リーグ戦に出場している左投げ左打ちのスラッガー。侍ジャパン大学代表の一員として今年のハーレムベースボールウイークにも出場している。 渡辺GMは「チームのウイークポイントに当てはまる選手。走攻守そろっている」と評価。西武の外野陣は今季、オグレディが123試合、愛斗が121試合に出場。ただ、3つのポジションを固められず、流動的な起用が続いた。 蛭間は西武ライオンズジュニア出身で、渡辺GMは「縁があると思うが、あくまで総合的な評価」と強調した。 (宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)