菅野智之

阪神と日本ハムがトレード、計6選手が戦力外…陽岱鋼は豪州リーグへ 18日の去就
阪神と日本ハムがトレード、計6選手が戦力外…陽岱鋼は豪州リーグへ 18日の去就
日本ハムと阪神の間で2対2の交換トレードが成立【写真:荒川祐史】 豪州ウインターリーグのブリスベンは陽岱鋼の加入を発表日本ハムと阪神は18日、2対2の交換トレード成立を発表した。日本ハムから渡邉諒内野手と高濱祐仁内野手が阪神へ、阪神の齋藤友貴哉投手と、江越大賀外野手が日本ハムに移籍することとなった。今オフのトレード成立第1号となる。 ヤクルトは近藤弘樹投手と山野太一投手に戦力外と通告した。2018年にドラフト1位で楽天に入団した近藤は、2020年オフにも楽天から戦力外となっており、自身2度目となった。 中日は岩嵜翔、垣越建伸、加藤翼の3投手に来季は支配下選手として契約を結ばないと通告。3選手ともに来季は育成選手として再契約するという。岩崎は昨オフに、FAでソフトバンク入りした又吉克樹投手の補償選手として中日入りした。 またオリックスは西村凌外野手を戦力外とした。2017年のドラフト5位でオリックスに入団。通算108試合に出場し打率.192、5本塁打、23打点だった。 豪州ウインターリーグのブリスベン・バンディッツは日本ハムと巨人でプレーした陽岱鋼外野手の加入を発表。陽は昨オフに巨人を退 ...
中日、人的補償で加入の岩嵜ら3人に戦力外 垣越&加藤らとともに育成再契約へ
中日、人的補償で加入の岩嵜ら3人に戦力外 垣越&加藤らとともに育成再契約へ
中日・岩嵜翔【写真:小西亮】 岩嵜はセットアッパーとして期待も…1軍では1試合止まり中日は18日、岩嵜翔投手と垣越建伸投手、加藤翼投手に対し、来季は支配下選手として契約を結ばないことを通告したと発表した。来季は育成選手として再契約するという。 岩嵜はFAでソフトバンクに加入した又吉克樹投手の人的補償として今季中日に加入。セットアッパーとして期待されたが、開幕直後の移籍後初登板で負傷。9月にはトミー・ジョン手術を受け、1軍登板は1試合に止まった。 垣越は今季から支配下に復帰したが、わずか1年で育成に戻ることに。高卒2年目の加藤はここまで1軍登板はなかった。 (Full-Count編集部)
元中日エースの三男が「小1とは思えない完成度」 衝撃投球の「スピードもエグい」
元中日エースの三男が「小1とは思えない完成度」 衝撃投球の「スピードもエグい」
吉見一起氏の三男が衝撃の投球を披露した【画像:吉見一起 コントロールチャンネル】 中日の黄金期支えた吉見一起も仰天「おぉぉ!」元中日エースの吉見一起氏の三男が投じるボールに、ファンが驚きと期待の声を上げている。まだ小学1年生ながら、躍動感あるフォームと抜群のコントロールを見せた姿に「小1でここまでフォーム綺麗なのは素晴らしいね」「ピッチングフォームが小1とは思えない完成度の高さ」とのコメントが寄せられた。 吉見氏が自身のYouTubeチャンネルで三男・穣くんがストラックアウトに挑戦する様子を公開。最初は少しモジモジして恥ずかしそうにしながらも、いざセットポジションに入ると一変。現役選手に“精密機械”と呼ばれた父譲りの制球力を見せ、見事に的を連続で射抜いた。 これには、中日の黄金期を支えた吉見氏も「おぉぉ!」と驚きが隠せない様子。ファンもこらからが楽しみで仕方ないようで「吉見さんと投球フォームよく似てますね!」「コントロールが良すぎる」「コントロールにもビックリしましたがスピードもエグい」「小1でこれは将来が楽しみすぎる」「エグすぎ」などと注目していた。
トレードの勝者と敗者は? リーグ連覇の燕&オリが実行も…“低調な今季”を象徴
トレードの勝者と敗者は? リーグ連覇の燕&オリが実行も…“低調な今季”を象徴
ヤクルト・高津監督とオリックス・中嶋監督【写真:荒川祐史】 今季シーズン中にわずか3件…新天地で活躍した選手はいた?プロ野球の各球団では、来季に向けた戦力整理が続いている。ドラフト会議を2日後に控える中、補強のひとつとなるのがトレード。中にはシーズン中に突如として移籍となり、新天地で躍動するケースも少なくない。今季を振り返ってみると、結果的にリーグ連覇を果たしたヤクルトやオリックスでもトレードが行われた。当事者となった選手たちの成績を振り返る。 今季シーズン中に成立したトレードは3件で、例年に比べると低調だった。7月9日にオリックス・後藤駿太外野手と中日・石岡諒太内野手の交換が成立。石岡は発表翌日の10日に早速スタメン出場すると、2安打1得点で勝利に貢献。いきなりお立ち台に呼ばれた。ただ、その後が続かず1軍では17試合で打率.152に終わった。一方の後藤も中日で35試合で打率.160。ベテランの大島、今季ブレークした高卒3年目の岡林らがいる外野陣で存在感を放てなかった。 トレード期限が目前に迫った7月29日には、駆け込みで2件が成立した。ロッテからヤクルトに移籍した山本大貴投手は1軍で ...
来年は我が身「あの人クビになったんや」 表情変わった“緊迫の瞬間”が「生々しい」
来年は我が身「あの人クビになったんや」 表情変わった“緊迫の瞬間”が「生々しい」
中日の片岡篤史2軍監督【写真:小西亮】 中日・片岡2軍監督が作り出した“緊迫の瞬間”が「どんなに人にも刺さります」中日の片岡篤史2軍監督が選手に向けた厳しい言葉に、ファンが注目している。1軍予備軍となる若手中心のメンバーに、指揮官は発破をかける“訓示”。あえて戦力外となっていた元同僚たちを引き合いに出した荒療治に、「クビの話は生々しいけど実際そうですよね」「片岡2軍監督の言葉に胸を打たれました!」との声が上がっている。 2軍は現在、宮崎県内で秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」に参戦中。1軍は今季6年ぶりの最下位に沈み、チーム全体としての底上げが不可欠になってくる。1軍に選手を送り込む役目を担う片岡2軍監督は、選手たちに厳しい口調で言葉を送った。 弱肉強食のプロの世界。今季も、戦力外通告を受けてチームを去った選手たちがいた。片岡2軍監督は「あっという間にいなくなった人いるやんか。みんな見てても『一生懸命頑張ったけどあの人クビになったんや』とか『この人クビになるなんて』と思った人もおるかもわからへんけど、そういう世界やん」とキッパリ。あくまで期待を裏返しとして「評価は他人がする ...
ヤクルトが近藤弘樹と山野太一に戦力外通告 近藤は楽天時代の2020年に続き2度目
ヤクルトが近藤弘樹と山野太一に戦力外通告 近藤は楽天時代の2020年に続き2度目
ヤクルト・近藤弘樹【写真:荒川祐史】 ドラ2入団で2年目の山野は1軍登板が1試合にとどまるヤクルトは18日、近藤弘樹投手と山野太一投手に来季の契約を結ばないと通告したと公式ホームページなどで発表した。近藤は2020年オフに楽天を戦力外となっており、自身2度目となる。 近藤は2018年にドラフト1位で岡山商科大から楽天入り。3年間で1軍登板17試合、0勝4敗に終わると2020年のオフに戦力外となった。2021年に育成契約でヤクルト入りし、シーズン前には支配下に昇格すると、22試合で1敗11ホールド、防御率0.96という好成績を記録した。今季は1軍登板がなかった。 山野は東北福祉大から2021年にドラフト2位でプロ入り。1軍登板は2021年の1試合だけに終わった。 (Full-Count編集部)
指名漏れから3年、最速147キロ左腕に成長 西濃運輸・林優樹が迎える運命のドラフト
指名漏れから3年、最速147キロ左腕に成長 西濃運輸・林優樹が迎える運命のドラフト
ドラフト候補の西濃運輸・林優樹【写真:清水しんや】 近江高から西濃運輸を経てプロ入りを目指す林優樹春夏通算3度の甲子園出場を誇る技巧派左腕が、“2度目”のドラフト会議を迎える。2018年夏の甲子園第100回記念大会では2年生ながら強豪・近江高投手陣の一翼を担い、2001年以来17年ぶりの8強入りへ導いたのが林優樹投手。酸いも甘いも経験した左腕は最速147キロの速球、自慢のチェンジアップを武器にプロの扉をたたこうとしている。 甲子園の名場面として語り継がれていくであろう2018年夏の甲子園準々決勝、金足農業戦の「サヨナラ2ランスクイズ」が決まった時に、マウンドにいた背番号「18」として覚えている人も多いだろう。現在は社会人野球の名門・西濃運輸に籍を置き、高卒3年目の今年はドラフト解禁年。会議は開かれる10月20日を前にして「1日がすごい長くて、夜も眠れなくて、寝つきが悪くて」と緊張の日々を過ごしている。 近江高3年の2019年にプロ志望届を提出も名前が呼ばれることはなかった。指名漏れした日を「スタートに立てた1日」と位置付けている。 「あの時は家族の想いもあって出させてもらったんですけど ...
「自衛隊」「回転寿司」と打撃の共通点は? ドラフト候補へ成長させた元プロの“珍言”
「自衛隊」「回転寿司」と打撃の共通点は? ドラフト候補へ成長させた元プロの“珍言”
ドラフト候補の山村学園・坪井蒼汰【写真:加治屋友輝】 埼玉・山村学園の高校通算37本塁打の強打者、坪井蒼汰内野手は運命の日を待つ埼玉の高校に将来有能なスラッガーがいる。山村学園で高校通算37本塁打を放った坪井蒼汰内野手。西武・中村剛也内野手を思わせる柔らかいスイングで、大きな放物線を描く。甲子園出場こそないが、今春の関東大会で1試合2発を放つなど、スカウトの目に留まる活躍を見せた。中学時代から指導を受けた元プロ野球選手の出会いも大きく、夢をたぐり寄せた。176センチ、85キロの体格だが、愛らしい瞳を持つ大砲は運命の時を待つ。 ドラフト会議まで1週間を切った。「まだ実感が湧いていない状態です。これから、緊張してくると思います」と坪井は率直な気持ちを語った。今春の関東大会、市立船橋戦(千葉)で放った2本塁打。夏の埼玉大会は準決勝で惜しくも敗れたが、6試合で2本塁打。即戦力ではないが、将来の主軸を打てる才能は秘めている。 山村学園の指導者たちからは「野球小僧」「努力家」と評される。野球部を引退した今でも1、2年生と混ざって、バットを振っている。練習に対するその姿勢は「歴代の部員見てもトップク ...
わずか1年で岐路に立った選手たち…オリのドラ1が異例の戦力外 Gドラ1自由契約の例も
わずか1年で岐路に立った選手たち…オリのドラ1が異例の戦力外 Gドラ1自由契約の例も
オリックスから戦力外通告を受けた椋木蓮(左)、巨人・堀田賢慎【写真:球団提供、荒川祐史】 オリックスのドラフト1位・椋木は9月にトミー・ジョン手術を受けたオリックスのドラフト1位・椋木蓮投手が来季の選手契約を結ばない旨を通知された。9月に右肘のトミー・ジョン手術を受け、来季はリハビリに専念することになるとはいえ、入団わずか1年での戦力外通告は超異例だ。しかしこれまでにも1年で通告を受け、育成選手として再スタートを切った選手がいる。 オリックスの本田仁海投手は2017年ドラフト4位で入団も、新人だった2018年9月に右肘を手術。同年戦力外通告を受け、育成契約となった。2020年に1軍デビューを果たすと、今季は42試合に登板して14ホールドを挙げ、2年連続リーグ制覇に貢献した。最速158キロの直球は威力十分で、見事な“返り咲き”を見せている。 2020年ドラフト5位で広島入りした行木俊投手は、育成となった今季ウエスタン・リーグで18試合に登板し0勝3敗1セーブ、防御率3.51と着実にステップアップを見せている。2016年にドラフト2位でDeNAに入団した水野滉也投手は、ルーキーイヤーに1軍 ...
「This is プロ野球!!」 伝説の“10・19”で生まれた名言、語り継ぐ近鉄戦士の本音
「This is プロ野球!!」 伝説の“10・19”で生まれた名言、語り継ぐ近鉄戦士の本音
近鉄の2番打者として経験した新井宏昌氏が伝説の「10・19」を振り返る【写真:共同通信社】 1988年のパ最終戦は近鉄とロッテのダブルヘッダー、2連勝が近鉄V条件2022年のパ・リーグは、オリックスが大逆転劇で連覇を達成した。10月2日のリーグ最終日、マジック「1」のソフトバンクがロッテに敗れ、わずかな可能性を残していたオリックスが楽天に勝利。残り3試合での直接対決で優勝を決められた2014年「10・2」の借りを返した。プロ野球では過去にも、ペナントを巡る数々のドラマがあったが、今でも様々な物語が語り継がれるのは1988年のロッテ-近鉄ダブルヘッダー「10・19」だろう。球史に刻まれる伝説の1日を、近鉄の2番打者として経験した新井宏昌氏が振り返る。(前編) 「This is プロ野球!」 試合途中から、急きょ始まった全国中継。実況のアナウンサーは興奮気味に叫んだ。一塁ベースを駆け抜けた新井氏がアウトのコールに怒りをあらわにすると、球場は異様な雰囲気に包まれた。 10月19日。川崎球場で行われたロッテと近鉄のダブルヘッダー2試合目、4-4の同点で迎えた9回表だった。2死二塁の場面で新井氏 ...