野口寿浩

阪神、ファイナルS王手に導いた打席での献身 専門家が絶賛した「影のMVP」とは?
阪神、ファイナルS王手に導いた打席での献身 専門家が絶賛した「影のMVP」とは?
阪神・矢野燿大監督【写真:荒川祐史】 5回に近本が2点適時打、投げては青柳、岩貞、浜地、岩崎、湯浅の“超積極継投”■阪神 2ー0 DeNA(CSファースト・8日・横浜) 阪神は8日、横浜スタジアムで行われたDeNAとのクライマックスシリーズ(CS)、ファーストステージ第1戦を2-0で勝利。5回に近本が決勝の2点適時打を放ちファイナル進出に王手をかけたが、オリックス、ソフトバンク、広島で打撃コーチなどを歴任した野球評論家の新井宏昌氏は「追い込まれてから打席の変化を見せた、マルテが影のMVP」と絶賛した。 阪神が少ないチャンスをものにし、敵地を黙らせた。両チーム無得点で迎えた5回に1死満塁の好機を作ると、この打席まで今永から2安打を放っていた近本が中前2点適時打を放ち、これが決勝点。投げても最多勝利(13勝)、最優秀防御率(2.05)、勝率第1位(.765)の投手3冠に輝いたエース・青柳が6回4安打無失点の好投を見せた。 7回は岩貞、浜地の小刻みな継投。8回はシーズン中に守護神だった岩崎を送り、2死一、二塁のピンチになると湯浅を送り9回もイニング跨ぎの“超積極継投”でスコアボードに0を並べ ...
阪神は「勝ったからOKで済ますな」 OBが指摘、快勝の影に見過ごせない“ミス”
阪神は「勝ったからOKで済ますな」 OBが指摘、快勝の影に見過ごせない“ミス”
左前適時打を放った阪神・大山悠輔【写真:小林靖】 青柳は6回1失点の粘投で8試合ぶりとなる13勝目■阪神 4ー1 ヤクルト(27日・神宮) 阪神は27日、ヤクルト戦(神宮)に4-1で勝利し、3位タイに浮上した。先発の青柳が6回1失点で8試合ぶりとなる13勝目をマーク。チームはCS争いに踏みとどまったが、現役時代にヤクルト、日本ハムなど4球団で捕手として活躍した野球評論家・野口寿浩氏は「絶対にやってはいけないミスがあった」と指摘した。 先発の青柳は序盤に制球に苦しんだが、6回1失点の粘投。打線は初回に中野の先頭打者弾、4回には無死一、二塁から原口が5年ぶりの犠打を決めチャンスを広げると、高寺の犠飛、5回も大山の左前適時打などでリードを広げた。 CS争いは巨人、広島、阪神の3球団に絞られ、自力での進出がない状況。阪神は今季負け越しているリーグ連覇のヤクルトと最後の3戦。負ければ“痛い1敗”だったが、敵地での初戦を投打の噛み合った執念の勝利でものにした。 若手主体のヤクルトだったとはいえ、白星を手にしたチームに野口氏は「序盤は選手たちも固かったが、原口のバントなどが生きた。ここから先の戦いに ...
3位浮上の巨人、CS進出へ期待できる理由 専門家が評価する打の繋がりと原監督の執念
3位浮上の巨人、CS進出へ期待できる理由 専門家が評価する打の繋がりと原監督の執念
本拠地最終戦を勝利で飾った巨人・原辰徳監督【写真:中戸川知世】 守護神・大勢を救った9回に吉川が魅せたビッグプレー■巨人 5ー4 ヤクルト(20日・東京ドーム) 巨人は20日に東京ドームで行われたヤクルト戦に5-4で勝利。ゲーム差なしで並んでいた阪神、広島が敗れたため単独3位に浮上した。オリックス、ソフトバンク、広島で打撃コーチなどを歴任した野球評論家の新井宏昌氏は「効果的な点の取り方ができてきた。CS争いは有利とみていい」とこの日の戦いぶりに太鼓判を押した。 先発のルーキー・赤星が序盤に2点を失う苦しい展開を打撃陣が救った。3回に丸の適時打などで3点を奪い逆転に成功すると、4回にポランコ、6回には岡本和のソロでリードを広げた。最後は守護神・大勢が走者を出すも、山田を空振り三振に仕留め接戦を制した。 本拠地最終戦を逆転勝利で飾り、8月16日以来のAクラスに浮上したチームを新井氏は「負けが続いてた時にはなかった、効果的な点の取り方。しぶとくタイムリーが飛び出し、チームカラーらしい本塁打での得点。最終回に吉川がみせた好守備も光った」と評価する。 1点リードで迎えた9回は先頭・川端が一、二塁 ...
阪神は「当たり前のアウトを取れない」 “凡ミス”に専門家は疑問視「この先怖い」
阪神は「当たり前のアウトを取れない」 “凡ミス”に専門家は疑問視「この先怖い」
阪神・矢野燿大監督【写真:荒川祐史】 今季26度目の完封負け、6回に2つの送球エラーが重なり決勝点を献上■ヤクルト 1ー0 阪神(18日・甲子園) 阪神は18日、本拠地・甲子園で行われたヤクルト戦に0-1で敗れた。今季26度目の完封負けで、CS争いを繰り広げる広島と3位で並んだ。送球エラーで決勝点を献上した内容に、現役時代に阪神、ヤクルトなど4球団で計21年間捕手として活躍した野球評論家の野口寿浩氏は「当たり前のアウトを取れていない」と振り返った。 甲子園がため息に包まれたのは6回だった。先頭・塩見が放った遊撃へのゴロを中野がこの日、2つ目の送球エラーで無死二塁に。続く、山崎の犠打を藤浪が一塁へ悪送球して先制を許した。打撃陣も1点を追う8回に1死一、二塁、9回も2死一、二塁と一打サヨナラの好機を作ったが無得点。球団ワーストを更新する今季26度目の完封負けを喫した。 決勝点を許した6回の送球ミスに野口氏は「決勝点は藤浪の送球ミスだが、この日は中野のエラーが全てだった。難しい体勢でなく余裕をもってプレーができる状況。ああいった場面での送球ミスはこの先も怖くなってくる」と指摘する。