韓国代表

侍U-23が南アフリカに完封勝ち 13安打9得点の猛攻、スーパーラウンドへ弾み
侍U-23が南アフリカに完封勝ち 13安打9得点の猛攻、スーパーラウンドへ弾み
野球日本代表「侍ジャパン」U-23代表【写真:Getty Image】 グループAを4勝1敗で終えスーパーラウンドへ進出野球日本代表「侍ジャパン」U-23は18日、台湾・台中で行われた「第4回 WBSCU-23ワールドカップ」で南アフリカとのオープニングラウンド第5戦を戦い、9-0で完勝した。日本は既にスーパーラウンドへの進出が決まっている。 日本は両軍無得点で迎えた3回、2死一、二塁から南木寿也捕手(JR北海道クラブ)、平野友都外野手(西部ガス)、樫村昌樹内野手(日本製鉄鹿島)の長短3連打で4得点。さらに四球のあと中川拓紀内野手(Honda鈴鹿)も左前適時打。この回打者10人を送って5得点を挙げた。 4回には敵失と南木の左前適時打で2点を追加。5回、6回にも1点ずつを奪い着々と点差を広げた。終わってみれば、13安打で9得点という効率のよさだった。投げては先発した工藤稜太投手(信越野球ク)以下、5投手のリレーで南アフリカを5安打無得点に封じた。 日本はグループAのオープニングラウンドを4勝1敗で通過。A、Bの両グループから3か国ずつが参加するスーパーラウンドは20日から始まり、決勝は2 ...
侍ジャパン、WBC1次Rの対戦国決まる 韓国、中国、豪州に加えチェコ滑り込み
侍ジャパン、WBC1次Rの対戦国決まる 韓国、中国、豪州に加えチェコ滑り込み
野球日本代表「侍ジャパン」の指揮を執る栗山英樹監督【写真:荒川祐史】 1次ラウンドは3月9日から東京ドームで開催来年3月に開催される「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」で、日本代表・侍ジャパンが1次ラウンドで戦う対戦国が出揃った。宿敵の韓国や中国、豪州に加え、予選を勝ち上がったチェコが最後に滑り込んだ。 9~10月にかけてドイツやパナマで予選を実施。最終的にパナマ、チェコ、イギリス、ニカラグアが本戦出場の切符を手にした。 日本はプールBに入っており、1次ラウンドは来年3月9~13日に東京ドームで開催。5か国で準々決勝ラウンド進出を争うことになる。
「この体型で157キロやばい」 U23W杯で日本を圧倒…203センチ右腕の「凄い球」
「この体型で157キロやばい」 U23W杯で日本を圧倒…203センチ右腕の「凄い球」
台湾に敗れた野球日本代表「侍ジャパン」U-23代表【写真:Getty Image】 台湾代表リン・チェンウェイは日本を3回1失点に封じて勝利投手に「第4回 WBSCU-23ワールドカップ」が台湾で開催されている。16日には野球日本代表「侍ジャパン」U-23代表が台湾代表に敗れて初黒星を喫したが、この試合で日本を苦しめたのが台湾先発のリン・チェンウェイ投手だ。身長203センチから繰り出す威力抜群の157キロは「凄い球」「パワータイプのダルビッシュに似てる」と世界の注目を集めている。 リン・チェンウェイは、ウィスコンシン州キノーシャの大学野球サマーリーグ、キノーシャ・キングフィッシュに所属する20歳。日本戦に先発して3回4安打1失点(自責0)で勝利投手になった。2回2死二塁から、中川拓紀内野手(Honda鈴鹿)から空振り三振を奪った外角球は、うなりをあげながら外角に構えたミットに吸い込まれている。 WBSC公式が映像を公開すると、「王建民みたいや」「この体型で157km/h出せるのヤバいな」「体できあがったらどうなるんや」「リン・チェンウェイすごいな」「彼の今後の活躍を楽しみにし ...
侍U-23、コロンビアに辛勝でOPラウンド3勝目 3失策も…先発・富田蓮が5回1失点好投
侍U-23、コロンビアに辛勝でOPラウンド3勝目 3失策も…先発・富田蓮が5回1失点好投
野球日本代表「侍ジャパン」U-23代表【写真:Getty Image】 初回に丸山壮史の右前適時打などで2点を奪った台湾で開催されている「第4回 WBSCU-23ワールドカップ」に出場している野球日本代表「侍ジャパン」U-23代表は17日、コロンビアに4-1で勝利した。オープニングラウンドは3勝1敗となった。 日本は初回、1死三塁から丸山壮史外野手(ENEOS)の中前適時打で先制。猪原隆雅外野手(ミキハウス)の右前適時打でこの回2点を奪った。6回には丸山の右犠飛、樫村昌樹内野手(日本製鉄鹿島)の押し出し死球で貴重な追加点を奪った。守備が3失策と乱れたが、先発の富田蓮投手(三菱自動車岡崎)が5回1失点(自責0)と好投。救援陣もリードを守った。 2016年から隔年で実施されている「WBSCU-23ワールドカップ」。日本は第1回大会で優勝、2018年の第2回大会は準優勝、コロナ禍で1年延期されたため昨年開催された第3回大会は出場辞退した。石井章夫監督が率いる今大会はグループAに所属。18日にOPラウンド最終戦で南アフリカと対戦する。 (Full-Count編集部)
ビエイラら育成、ブラジル野球を変えた日本人 2度の夜逃げも…異国での壮絶人生
ビエイラら育成、ブラジル野球を変えた日本人 2度の夜逃げも…異国での壮絶人生
巨人のチアゴ・ビエイラ【写真:荒川祐史】 U18W杯にも11人が出場…ヤクルトアカデミーの校長を務める佐藤允禧さん地球の裏側に“日本の野球”が浸透していた。世界ランキングは20位台と決して高くないが、松元ユウイチ・現ヤクルト作戦コーチや、昨年NPB最速となる時速166キロを計測した巨人のチアゴ・ビエイラ投手などを輩出したブラジル。彼らを育てたのはサンパウロのヤクルトアカデミーで校長を務める日本人・佐藤允禧(みつよし)さんだ。16歳でブラジルに渡った佐藤さんは、異国の地で2度の“夜逃げ”も経験。生きていくために選んだ選択肢が野球だった。 9月9日(日本時間10日)から18日(同19日)にかけて行われた18歳以下の野球世界一を決める「第30回 WBSCU-18ベースボールワールドカップ」(米フロリダ州・ブラデントン、サラソタ)で、ブラジルは初戦の南アフリカ戦、次戦のカナダ戦と逆転勝利し好発進を飾った。惜しくもオープニング(予選)ラウンド4位で姿を消したが、劇的勝利の連発に球場が沸いた。 ブラジル野球連盟にも所属し、今大会でTC(テクニカルコミッショナー)として運営に携わる佐藤さんは、「仕事 ...
大谷翔平に憧れ&追随する選手急増 U-18制覇…米国にいた2人の逸材二刀流
大谷翔平に憧れ&追随する選手急増 U-18制覇…米国にいた2人の逸材二刀流
エンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】 U-18W杯で優勝の米国…MVPのエルドリッジは投打二刀流で活躍「第30回 WBSCU-18ベースボールワールドカップ」(米フロリダ州・ブラデントン、サラソタ)で、18歳以下の野球世界一に輝いた米国代表。チームに栄冠をもたらした2人の二刀流がいた。ブライス・エルドリッジ投手とマックス・クラーク外野手。2023年の全米ドラフト上位候補の2人が野球日本代表「侍ジャパン」U-18との対戦、二刀流で活躍するエンゼルス・大谷翔平投手への憧れを語った。 18日(日本時間19日)に行われたチャイニーズ・タイペイとの決勝戦はエルドリッジの独壇場だった。「4番・指名打者」で出場し、2-1で迎えた最終7回無死一、二塁で、左翼方向に流して3ラン。その裏にはDHを解除してマウンドに上がり、無安打で最終回を締めた。 身長201センチ、体重100キロの体躯から常時150キロの直球を投げ込む。打っては打率.517(19打数10安打)、3本塁打13打点。投げては3試合で1勝1セーブ、防御率0.00。投打に活躍して大会MVPを受賞した右投げ左打ちの大器は、憧れの選手に大谷の名前を ...
「決めたことを正解にしようじゃないか」 与田剛氏が“宝物”とする原監督の教え
「決めたことを正解にしようじゃないか」 与田剛氏が“宝物”とする原監督の教え
元中日監督の与田剛氏【写真:小林靖】 2009年の第2回WBCに投手コーチとして参加「たくさんのことを教わりました」昨季まで3シーズンにわたり、中日を指揮した与田剛氏。現在はエグゼクティブアドバイザーとして、立浪和義監督をサポートする。「あれも反省、これも反省。今もドラゴンズの試合はほぼ見ていますが、見るたびに『もう少しこうやって立浪に渡してやりたかったな』と思うんですよ」。そう言うと、広い肩をすくめながら申し訳なさそうな表情を浮かべた。 「僕の3年間の監督経験は反省が多い」と振り返るが、「信念と愛情だけは絶対に持っていよう」という想いは貫いた。そして、監督として過ごした3年間、幾度となく思い出し、自分に言い聞かせた言葉がある。 「決めたことを正解にしようじゃないか」 2009年、第2回WBCで投手コーチを務めた時、日本代表を率いた原辰徳監督にかけられた言葉だ。「あれからずっと心の中に残っている」というほど、強く響いた。 「普段の生活でも何か選択する場面は必ずある。何気なく決められるものはいいけれど、胃が痛くなるような選択に迫られた時、選択肢を決めた後はそれを正解とすることだけを考え、 ...
侍U18、大阪桐蔭バッテリーがベストナインに選出 川原が最多タイ3勝、松尾は打率.321
侍U18、大阪桐蔭バッテリーがベストナインに選出 川原が最多タイ3勝、松尾は打率.321
大会ベストナインと救援の最優秀投手を受賞した侍U-18代表・川原嗣貴【写真:川村虎大】 川原は韓国との3位決定戦で5回から2番手で登板し3イニングを1安打無失点高校日本代表「侍ジャパン」は18日(日本時間19日)、米フロリダ州サラソタで行われた「第30回 WBSCU-18ベースボールワールドカップ」の3位決定戦で韓国を6-2で下し銅メダルを獲得した。試合後にはベストナインとなる「オールワールドチーム」が発表され、川原嗣貴投手と松尾汐恩捕手の大阪桐蔭バッテリーが選出された。 この日、川原は4点リードの5回から2番手として登板。3イニングを1安打3奪三振、無失点の好リリーフ。大会を通じ4試合に登板し3勝0敗、防御率0.00をマーク。13イニングを投げ7安打無失点、16奪三振と完璧な内容で救援の最優秀投手とW受賞となった。 全9試合に出場した松尾は打率.321、チームトップの9安打6打点をマークするなど正捕手として活躍。日本からは野手で唯一の受賞となった。 (Full-Count編集部)
侍U18・浅野翔吾が感じた世界との差「上には上がいる」 銅メダル獲得には安堵
侍U18・浅野翔吾が感じた世界との差「上には上がいる」 銅メダル獲得には安堵
侍U-18代表・浅野翔吾【写真:川村虎大】 オープニングRでは打率.500、1本塁打も、スーパーRでは打率.100と苦戦「第30回 WBSCU-18ベースボールワールドカップ」(米フロリダ・サラソタ)を戦った野球日本代表「侍ジャパン」U-18は18日(日本時間19日)に韓国との3位決定戦に6-2で勝ち、銅メダルを獲得した。今大会、日本唯一の本塁打を放った主砲・浅野翔吾外野手(高松商)は「メダルを持って帰れるのと、持って帰れないではずいぶん違う」と安堵した一方で「上には上がいるというのがわかった」と世界との差を痛感した。 10日(同11日)のメキシコ戦で高校通算69号を放つなど、オープニングラウンド5試合で14打数7安打4打点、打率.500と活躍した浅野。チームのスーパーラウンド進出に貢献したものの、そのスーパーラウンドでは10打数1安打、打率.100と苦戦した。「球の質とかストライクゾーンとか、なかなか経験できない。上には上がいるというのがわかりました。もっと練習しないとこれからの野球生活に通用しない」と課題を口にした。 この日の韓国戦は3打数無安打に終わったが、2回1死一、三塁の第2 ...
侍U18・馬淵監督、韓国を下し3位死守に安堵 メダルなしなら「もう帰れん、と…」
侍U18・馬淵監督、韓国を下し3位死守に安堵 メダルなしなら「もう帰れん、と…」
侍U-18代表・馬淵史郎監督【写真:川村虎大】 大会を振り返り「後半勝負なんか言ってたら野球にならない」高校日本代表「侍ジャパン」は18日(日本時間19日)、米フロリダ州サラソタで行われた「第30回 WBSCU-18ベースボールワールドカップ」の3位決定戦で韓国を6-2で破り、銅メダルを獲得した。試合後、馬淵史郎監督は「最低、これで日本に帰れますので。メダルがなかったら、もう帰れんと思ってやっていた」と語り、安堵の表情を見せた。 日本は初回に1死一、三塁の好機で4番・内海優太内野手(広陵)が中前適時打を放ち先制に成功。2回は3番・松尾汐恩捕手(大阪桐蔭)の2点適時打などで一挙5点を奪いリードを広げた。 スーパーラウンド初戦で0-8の大敗を喫していた宿敵・韓国にリベンジし、2大会ぶりのメダルを獲得。試合後、馬淵監督は「ケガ人とかも出て、思うような選手起用ができないところもあったが。最低限、3位ということは子どもたちもよく頑張ったと思う」とナインを称えた。 米国の地で挑んだ大会を振り返り「7イニング制の戦い方。絶対に3回までが勝負とだいたい分かってきたんですがね。後半勝負なんか言ってたら野 ...